01
1
2
3
4
5
6
8
11
18
19
24
27
29
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回想8…(*_*)セカンドオピニオンで受診

……回想8……

●国立病院……乳腺外科……

まずは、新宿のクリニックから預かったMRIの画像データを取り込んでもらう。

●診察室……

医師は、細胞診のデータに目を通し…問診。
『それで~、最初に行った病院では、何と言われたんですか?』

…と いう事で、今迄の いきさつを説明……

(最初のマンモとエコーでは ステージ2の初期の癌で、リンパには転移していない様だから…、悪い所を切っちゃえば すぐに良くなりますよ)って言われました~。

それから~、その後、別の検査機関でMRIを撮った所、大きさは 1.8㎝位だって……いう事でして((T_T))。

その後、細胞診をやった所、私の乳癌はHer 2と言われる特殊な癌で、悪性だと。
それでその医師が言うには、他の病院だと通常 術後に行う ハーセプチンという抗がん剤が有効で、それを うちの病院なら、術前に 行えますよって……おっしゃるんです。

そうする事で……、癌を小さくしてから治療するので、温存出来ますからって……言われました。
それから~、大きな病院だと、全摘されますよ~……って言われました。

……でも、そこは 1日で結果が出るというので、始めから 検査だけのつもりで行った病院なんですと伝えた。

説明の最後に……その先生はちょっと傲慢な感じで、とても不快な思いをした旨を話した。

●その話をした後、薄暗い診察室の中…エコーの画像だけが、怪しく光る。
チョットやっぱりヤバくない?
(゜〇゜;)?????
……だって素人の私の目で見ても…結構大きな白い塊がしっかり映っている。医師は、念入りに触診しながら、画像を数枚プリントアウトした。

『3.5㎝位あるかなぁ? リンパにもチョット…』 そう言いながら、部屋の電気を付けた。
『ご説明しますが…、ご主人も呼んでいらっしゃいますか?』 (はい、今呼んできます。)

『今、診察しながら 奥様にもお話しましたが…、3.5㎝位の大きさがありますね。リンパにも、チョットいっているみたいです。』

……主人は 絶句Σ( ̄ロ ̄lll)!!?

だって、新宿の医師に言われた倍の大きさだし、リンパにもいっているっていうんだから……。

『それで、こういう場合には やはり初めに癌を小さくしてから 手術をしましょう』

(あの~先生、私のタイプは Her2 という事なんですが…、じゃあ、手術前に ハーセプチンを使って頂けるんでしょうか?)

『そうですねぇ。但し、他の抗がん剤と併用して…と
いう所でしょうかね。幾つか方法はあるのですが……。』

『本当にHer 2なのか?違う検査方法でも調べてましょう。新宿のクリニックでやった細胞診のプレパラートを取り寄せましょうね』

……回想 9 に続く…

●ご訪問有り難うございました~m(__)m

にほんブログ村バナー:ぶたサン


スポンサーサイト

回想7…(病理組織検査報告書とセカンドオピニオン)

…… 回想7……

●この先、たぶん 、主人の知人が某国立病院の脳外科の医長をしている関係で、そこの乳腺外科の医長をしている
先生をご紹介頂く事になりそうだ…。

●でも~、大きな病院はすぐに切るし、治療もお決まりで スタンダードだから、しなくていい辛い治療・思いをするはめになりますよ!みたいな話を散々聞かされちゃったしなぁ~。正直、不安だ。やっぱり いろいろ悩んじゃう~(。>д<)。
……帰りの電車の中、主人との会話も弾まない!

●駅……主人と別れ、データを一人 家に持ち帰り、【病理組織検査報告書】なるもの 4枚にザッと目を通す。

見慣れない言葉や医療用語や英語が並び……ムムム!
チンプンカンプン(゜〇゜;)?????だ。

●【多量の腺癌細胞が浸潤。腺くう形成あり。リンパ管浸潤(1y)。静脈浸潤は無し。grade3。検体適正。悪性。
ER判定結果:陽性 80~90%。 Her 2 判定結果:3+。
コメント:細胞膜に限局した強度陽性像が認められます。
(陽性細胞率 90%以上 ) 】

……………………最悪だぁ Σ( ̄ロ ̄lll) …………

●翌々日・11/13(火) …9時。はからいで、直ぐに医長とのアポが取れた。
やはり恐るべし、コネクション!ほぼ時間通りに診察室に呼ばれる。

医長さんと初 対面。ネットで見た印象と変わらず、優しそうで なかなかハンサムな好男子である。

●……いやいや、今は、こんな事を言っている問題では無いのだ!!!


……回想 8 へ続く…

●ご訪問有り難うございました~m(__)m


にほんブログ村バナー:アリガト

回想6…(Her 2・トリプルポジティブ)

……回想6……

●それで、医師が言うには、こういう乳癌の場合、通常は切除した後に、強い抗がん剤や放射線療法がとるのだが、ここの病院では 手術をする前に 抗がん剤を投与して、癌を小さくしてから治療(切除) しますよとの事。

……大きな病院では 術後 転移予防に使われる事の多い【ハーセプチン】とかいう抗がん剤を、ここでは術前に投与する事で、癌を小さくし、その上で、切り取るか、又はラジオ波で治療する…という流れになるらしいのだか…。
(ちなみにこのハーセプチンという薬は、副作用が少なくて、しかも脱毛もしない薬なんですって~)

●アハッ( ̄▽ ̄;) ! いろいろ説明してくれるんだけど…頭の中が 整理出来てませんから~私。

……まっ、とにもかくにも、ちゃんと真剣に考えねば!!

●医師の話の続き⇒『…ですから、ここの病院には 遠方からわざわざ通ってくる患者さんも大勢いるんですよ。』
……と付け加えた。(これって…ここで治療しなさいって言ってるんだよね)

一通り説明を終えると 『じゃあ、今日はハーセプチンのハンドブックを差し上げますから、読んで、今度来る時迄 よく考えて来て下さい』と、おもむろに冊子を一冊手渡された。

そして、『それで、もし、他の病院に行かれるのでしたら…その時は紹介状を書きましょう。』……だって。
……と、これが診察室での一連の会話である。

●結局、書いて貰えなさそうな雰囲気だった。
(…て言うか、書いて下さいとはとても言い出しくい感じ…)

でも、それでもデータは絶対貰って帰ると決めていたので…、受付でこの前撮ったMRIの画像と細胞診の報告書を受け取って帰路につく。

●気が重い!!
【ハーセプチン】かぁ。…私の癌にほんとに有効なのか?
それを確かめる為にも、やはりセカンドオピニオンに行かねば⇒go!)

後で分かったのだが…ハーセプチンは既に術前投与も行われており、保険の適用も受けられる様になっていた。
………じゃ、あの新宿のクリニックの医師の話は
いったい 何……(ーー;)!


……回想7 に続く…

●ご訪問有り難うございました~m(__)m


にほんブログ村バナー:ぶたサン

回想5…(愛犬の死と悪性の癌!)

……回想5…

●まっ、今は 我が家のワンコも大変な時だ
し…、介護に専念しよう(-.-)。

(ワンコはですね~、高齢なのにくわえ、
肺に腫瘍が出来てしまいまして~( ノД`)…。
ほとんど寝たきりの状態なんです(*_*))。

⇒そんなこんなで~我が家の愛犬 は頑張り
続けたのですが、……闘病ほぼ一ヶ月。
とうとう天に召されました。
最期まで、一生懸命頑張ったのですが…
…(ノ_・。)静かに息を引き取りました。

最期の1週間は夜中もずっとそばに付き添
ってあげていましたが……、11/7 の明け方、
5時半頃……、最期に大きく深呼吸を一つして
……家族みんなに看取られながら 逝ってし
まいました。

(悲しいです。淋しいです。うるうる……
……m(。≧Д≦。)m)

●ワンコが亡くなった翌日の午後……、
新宿のクリニックの医師のから直接私の
携帯に連絡が入った。

ドキッ!

『この前撮った検査データが届きましたよ。
あなたのはちょっと特殊なタイプだったん
ですが…。ご説明しますから、いつこちら
に来れますか?』

「…あっ、そうですか。今この電話では伺
えないんですね」

『難しい説明なので、話を聞いただけでは
わからないと思いますよ。』だって~。

…そして、3日後に行く事に。

●どうか悪い結果が出ません様に……。
データもすんなり受け取れます様に……。

●そして当日 11/10(土)…細胞診の結果を
パパと聞きに行く。

医師⇒『検査結果ですが……電話で話した
様に、あなたの癌は特殊なタイプで、
Her2と言われるものです。』…と言いながら、
パソコンの画面を切り替え 何やら説明を
始める。
それから~、たんぱく質がどうとか、何と
かポジティブとか、3 + とか…。

つまり、ようは私の癌は 良くない顔付き
のもので、悪性だ!という事らしい。


……回想 6に続く……

●ご訪問有り難うございました~m(__)m


にほんブログ村バナー:ぶたサン

回想4 …乳癌(ムカつく!)

……回想4……

●…と、ここ迄の流れだが、とても機械的で、淡々としていて、医師も私とあまり目を合わせないし…、
俺に任せておけば…大丈夫!ってな感じで やけに自信ありげ。なんか、有無をも言わせずって言うか…ムカつく!

終わると、廊下で待っていたパパに駆け寄る。

「ねぇ、パパ!…検査結果のデータ 貰うんだよね?今度来た時にチャンと渡して貰える様に、先生に言わなくっちゃ=3」

『次…〇〇さん』 と医師の声。

慌てて、こちらの意向を伝える。つまり、セカンドオピニオンにも意見を聞きたいので、
検査結果を頂戴したい旨を伝えたのだ。

案の定、感じが悪い……《≧∀≦》
(始めから、検査だけのつもりだったけど……ね!)

医師は、何か作業をしながら『ハイハイ』と気のない返事。

心配だったので、念の為 帰りに受付の人に 次回来た時に、検査データを頂ける様に再度 念押しした。

結果が出る迄、1週間~10日かぁ~。やっぱり結構日にち掛かるんだね。

……回想5 に続く…

●ご訪問有り難うございました~m(__)m


にほんブログ村バナー:ぶたサン






回想③…乳癌告知~( ̄□||||!!

…回想3…

●そして翌週、10/30(火)5時半…パパに付き添ってもらい、MRIの結果を聞きに行く。

●『やっぱり乳癌ですね。1.8×1.8?位かなぁ。転移はなさそうだし、心配いりませんよ。…で、細胞診はどうしますか?』
「じゃあ、お願いしますm(__)m」…と私。

『癌がどんなタイプなのかもわかる検査にしますか?』

「はい」

『これだと…大きな病院だと、たぶん全摘でしょうね。じゃあ、上を脱いで ここに横になって下さい。』
そう言うと、医師は何やらゴソゴソと用意を始めた。

マジ!?ここ!?診察室でやるの?そんなにお手軽な検査なの?ネットで見たら、結構太い針を刺すんじゃなかったかなぁ…?

『はい、じゃあ、左手を頭の上に上げて…』そう言って、簡易枕を左腕の下に押し込んだ。

(°Д°)!?……私の乳癌って右なんでしょう?

『あっ、右だったね……』 ……( ̄▽ ̄;) えぇ~~?

ふざけるなよ(# ̄З ̄)!

大丈夫なの?ここのクリニック?やっぱり他の病院にしよう!

『胸に局部麻酔してから、針を注しますから、ちょっと動かないでね 』

「はい(*_*)」

メッチャ 緊張するわ==З。どうか痛くありません様に…。

…ブスッ!(。>д<) キャ~~(/≧◇≦\) !!!!!!
やっぱ 痛くない訳ないべさ=З

そうこうしていると、今度はおもむろに怪しい注射器みたいな奴を出して、アタイのしこり目掛けてブスッ~って一突き。

『何回か大きい音がするけど…大丈夫だから』

ヤダー((((;゜Д゜))) 怖くて目が開けられないよ。

(ガシャン ガシャン## ひえぇ~~ Σ( ̄ロ ̄lll)。結果、一突きどころか、3回も…。

…終わると医師は背中を向けて 『じゃあ、結果は1週間~10日掛かるので又ご連絡します』だって。

相変わらず……機械的だ((( ̄へ ̄井)


……回想 4 に続く…

●ご訪問有り難うございました~m(__)m


にほんブログ村バナー:ぶたサン


回想②…乳癌告知~( ̄□||||!!

…回想 2…

●おいおい!そんなに何事もなかったかの様に 告知しちゃうんかい? 覚悟はしていたものの、私にだって心積もりってもんがあるんだけど…(◎-◎;)

『大丈夫ですよ。ここでなら、大きな病院と違って 時間をかけずに お待たせせずに、すぐに治療に入れますから。』

『細胞診どうしますか?その前にMRIを撮っておきましょうか。じゃあ、MRIの検査…予約していって下さい。』

●はぁ? 機械的だ =3 チョッといくらなんでも、話がトントン過ぎません=3

●よりによって、パパは今 出張中だし……。まっ、でも検査は しなきゃね!!

……という訳で、翌々日の土曜日にMRIを予約。
パパに連絡したら…………半信半疑?
そりゃあ、ビックリ!だよね。よりによって、明日26日は パパの五十 ウン回目かの誕生日。とんだ プレゼントだわさ  =3

●10/27(土)…MRI検査日。その日は、丁度 パパが出張から戻る日で、東京駅からその足で、私のMRIの検査機関に直行⇒

……ご心配掛けます m(。≧Д≦。)m

…… 回想 3 に続く…

●ご訪問有り難うございました~m(__)m


にほんブログ村バナー:ぶたサン






回想①・初診ー告知( ̄□||||!!


……回想 1……


ずっと気になっていた 右のオッパイ……。

区の検診に申し込みはしたものの…、やっぱり時間が掛かるんだろうなぁ~( ̄З ̄)。

……でも やっぱり気になるんだよなぁ~

実は、今年の我が家は ゴタゴタが色々ありまして~(*_*)。

何だか胸騒ぎがするって言うか 何て言うか…(゜〇゜;)?????

それで~、少しでも早く 結果を知りたいと思い、直ぐ様 ネットで検査機関を検索~(@_@;)。

10/25(木) …その日のうちに、超音波とマンモの検査が出来るという 新宿のとあるクリニックに連絡をしてみた。

ここは完全予約制なのだが、電話したその日・木曜日の夕方 6時なら 空きがあると言われ…

急遽、地図を片手に 一人で受診する事にした。

もしも……とか、まさか……とか、マジ……?とか、やっぱり……とか、

……etc. etc.etc.…………

●検査が一通り終わり、緊張する中…、医師は いとも簡単に あっさりと

『ステージ 2の乳癌ですね』と言い放った……( ̄▽ ̄;)

……回想 2 へ続く…

●ご訪問有り難うございました~m(__)m


にほんブログ村バナー:ぶたサン

’12年秋…乳癌ステージ2b・HER2 3+トリプルポジティブ告知

アラフィフサバイバー。…もし、これが必然であるなら~、乗り越えろ!って事ですよね (=^ェ^=) ゞ

さくら色

Author:さくら色
アラフィフ乳癌サバイバーです。2012年10月…ステージ2b・トリプルポジティブの告知を受け、7ヵ月間の術前化学療法を終了し、6月に右全摘。その後単独ハーセプチンを1年、現在はアリミデックス服用中です。以前の様な生活に戻りたい……でも なかなか病気の呪縛から離れられない。それでも前を向いて歩いていかなければ……。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

さくら色

Author:さくら色
アラフィフ乳癌サバイバーです。2012年10月…ステージ2b・トリプルポジティブの告知を受け、7ヵ月間の術前化学療法を終了し、6月に右全摘。その後単独ハーセプチンを1年、現在はアリミデックス服用中です。以前の様な生活に戻りたい……でも なかなか病気の呪縛から離れられない。それでも前を向いて歩いていかなければ……。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。