04
5
11
14
15
16
17
21
22
25
27
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

右乳ガン患者と左乳ガン患者の違い……

今日は、とても興味深い記事を見つけたので
、皆さんにも ご紹介したいと思います。


(庭のモッコウバラが咲き始めました)



【右乳ガン患者と左乳ガン患者のストレス
の違い……】


、、、『あなたは、何故 ガンになったと
思いますか?』、、、


今日、ご紹介するのは……
ガン細胞だけを見ていてはダメだ。ガンにな
った原因を突き止めない限り、有効な治療法
は見つけられない……という事で

進行ガンの患者さん達に、ある問いかけをし
てみる事を思いつき、自分が担当した患者さ
ん全員にこの質問をぶつけていったある医師
のお話です。

………………↓↓↓では



……調べていくと、驚くべき事実が浮かび上がってきたのです。


★まず、乳ガンの患者さんの例を見てみま
しょう。結論から先に述べると、
『右乳ガンの患者さん』と『左乳ガンの患者
さん』では乳ガンと診断される迄の日常生活
に大きな違いがあり、診断前に受けていたス
トレスの中身が明確に異なっていたのです。


『何故 あなたは、乳ガンになったと思いま
すか?』
という質問に対して、右乳ガン患者
のほぼ全員が「ガンになる原因など、全く心
当たりがありません」と答えました。「ガン
になるような生活などしてきたつもりは全く
ありません」と、強い確信を持って述べる人
がほとんどです。


それに対して、左乳ガンの患者さんに同じ質問をしてみると、心当たりを口にする人が、かなりの割合で存在しました。肉体的にかなり負担をかけた時期があり、強いストレスを感じていたのです。
しかも、負担をかけた時期は、どの患者さんも 左乳ガンと診断される6ヶ月前から1年前でした。

その時期に乳ガンが発症したという訳ではな
いでしょうが、この時に受けた強いストレス
がガンを急速に進行させたと考えられます。


又、左乳ガン患者さんの気質を見て見ると、
相手の気持ちを慮る『断れないタイプ』の人
がほとんどでした。仕事が出来る優秀な人が
多く、人に優しい事が裏目に出て、他人の何
倍もの仕事を抱えこまざるを得ない状況に追
い込まれてしまったようです。


では、右乳ガンにかかった患者さんはストレ
スにさらされていなかったのかというと、
そんな事はありません。患者さん自身は自覚
していない人が多いようですが、さらに詳し
く家庭や身の回りの状況や悩み、心配事はな
かったかを聞いてみると、意外な事実が浮か
び上がってきました。


端的に言うと、右乳ガンの患者さんは、長年
に渡って家庭内に強いストレスを感じていた
のです。
大半は、(夫への?)不平不満ですが、中には親に対する不満も見受けられまし
た。いずれも長期に渡って無自覚のうちに、
溜まっていたストレスで、乳ガンと診断され
る迄は それが体に何か症状を起こすような
事もなかったのです……






………………↑↑↑……と いう事で
、、、今日はここ迄のご紹介…です

*****


……この医師は、他のガンの患者さん達にも
同様の質問をし、それをまとめているようで
すが……

それぞれのガン患者には、そのガンを発症さ
せたと思われる、特徴的な心理的、肉体的ス
トレスがあると話しています。


……ただし、これは科学的に実証されたもの
ではないので、あくまでも ご参考にして頂
ければと思います(^-^)。


と、いう事で……今日は、ガンに関する数々
の書物も出版し、又、全国各地で講演活動
も行っている、現役医師……土橋重隆さんの
お話をご紹介させて頂きました~。



実際はどうなんでしょうね?


皆さんは どれかに当てはまりますか?


ちなみに……私は “右”なんです (/ω\*)


お心当たりのある方?はたまた そんなの全然関係なぁ~い!って思われる方……宜しければ、ポチッとお一つお願い致しますm(__)m

にほんブログ村バナー:ピンクリボン
スポンサーサイト

’12年秋…乳癌ステージ2b・HER2 3+トリプルポジティブ告知

アラフィフサバイバー。…もし、これが必然であるなら~、乗り越えろ!って事ですよね (=^ェ^=) ゞ

さくら色

Author:さくら色
アラフィフ乳癌サバイバーです。2012年10月…ステージ2b・トリプルポジティブの告知を受け、7ヵ月間の術前化学療法を終了し、6月に右全摘。その後単独ハーセプチンを1年、現在はアリミデックス服用中です。以前の様な生活に戻りたい……でも なかなか病気の呪縛から離れられない。それでも前を向いて歩いていかなければ……。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

さくら色

Author:さくら色
アラフィフ乳癌サバイバーです。2012年10月…ステージ2b・トリプルポジティブの告知を受け、7ヵ月間の術前化学療法を終了し、6月に右全摘。その後単独ハーセプチンを1年、現在はアリミデックス服用中です。以前の様な生活に戻りたい……でも なかなか病気の呪縛から離れられない。それでも前を向いて歩いていかなければ……。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。