01
1
2
3
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンピンコロリかぁ~(* ̄∇ ̄)

(……気になる記事)

夕べ……京都から戻りました
いやぁ~、昨日は寒かった(^_^;)))
京都は底冷えがキツイと言いますが、やっぱり東京の寒さとは違うなぁ~と再確認(◎-◎;)
案の定、米原・岐阜羽島辺りは 雪も舞い、 新幹線の車体には、雪避け?のスプリンクラーから バシバシと水が叩き付けられていました


そして、後ろ髪を引かれつつ、京都を後に……
……冬は まだまだ続くのかなぁ (´o`;


*****


……という事で

本日は、日経日曜版の中から、東京大学病院准教授の中川恵一さんがお書きになられた お馴染みがん社会を診る】

サブタイトルは「最後まで普通の暮らし」……という記事のご紹介です


↓↓↓

昨年11月、日本を代表する映画俳優が、相次いでこの世を去りました。高倉健さんは悪性リンパ腫(リンパ組織の悪性腫瘍)の為83歳で、菅原文太さんは膀胱がんを患い81歳でなくなりました。お二人とも、最晩年まで元気に若々しく、80代には見えませんでした。
第2次世界大戦後の食生活の改善等で、日本人の肉体は昔より格段に若くなりました。しかし、がんは遺伝子の老化といってよい病気ですので、年齢とともに急激に増加します。これは若々しく活動的な高齢者にがんが増える「がん社会」を象徴していると思います。
また、お二人の生活は亡くなる数週間前まで普段に近いものだったと聞いています。特に、菅原文太さんには陽子線治療をお勧めした縁もあり、昨年10月に夕食の誘いを受けました。痩せていましたが、冗談を言いながら背筋を伸ばして食事をされていた菅原さんの姿が目に浮かびます。
いつまでも元気でピンピンとし、コロリと亡くなる「ピンピンコロリ」が日本人の理想の死に方の一つといわれます。がんに伴う痛みを和らげるなどして、高齢者ががんとうまく付き合う事が出来れば、まさにピンピンコロリ型になります。
死に至るまでの過程を病気の種類ごとに考えてみると、慢性の心臓病や呼吸器疾患の多くは、急な病状の悪化を繰り返しながら、徐々に機能が低下して死に至ります。認知症や老衰では、もともと低い機能がゆっくりと、さらに低下しながら死に至ります。脳卒中などの後遺症でも似たような経過をたどる例が少なくありません。
その点、がんでは、身体の機能が比較的長い間保たれ、最後の数週間で急速に悪化する経過をとるケースが大半です。2010年に胆のうがんで亡くなっ元プロ野球監督の大沢啓二さんも私が診ていましたが、78歳で亡くなる直前までテレビに出演し、「あっぱれ」「渇」と大きな声を出されていました。共演者も、大沢さんががんだとは気付かなかったそうです。
がんは残念ながら、若くして亡くなるケースもありますが私は「ピンピンコロリとがんで死にたい」と思っています。


……以上(1/18付けの日経P14 健康欄より)



ふぅぅ~~~ん( ̄▽ ̄;)?
“ピンピンコロリ”ってよく耳にしますが……そんな理由で、がんで死ぬ事を願う方もいらっしゃるんですね~


我が家においては……
10年程パーキンソン病と闘い、後半の3年間は 寝たきりになってしまった義父が2012年の夏に亡くなりましたが

現在は、2年前に脳梗塞で倒れた義母も、 義父と同じ様な闘病生活を送っています

自分では身動きする事は出来ず……飲み食いはもちろん、お喋りも出来ません
時々、目を開けても 何処か遠い所を見つめては、また 目を閉じる……
それから~重い肺の病気も抱えている為、病状が悪化し、生死の間をさ迷う事 数回……

そんな訳で~
生きるって事は、本当に本当に大変な事なんだと 痛感しているここ数年なのですが

昨年の暮れ、私の実家にも 又もや大事件が発生!
来月、父が腹部大動脈瘤の手術を受ける事になってしまいました

そんな中でも、2012年の6月に膀胱がんを患い手術を受け只今 経過観察中~の母が気丈なのが救われます(*´-`)

さあ、来月も忙しいぞ


……そんな感じでね
いろいろ考えてみると~自分が“ 乳がん ”だからと、悲観的に考えて 生きる事に消極的になってしまうのは やっぱり勿体ないですよね


誰かの役に立つ……それは人によって様々
大それた事は出来ないけれど、とにかく今自分に出来る事をやらねば


確かに、体調が悪い事もあるし、気分が落ち込む事はある
これから~どうなってしまうのか?不安もあるけれど、今をちゃんと生きなければ何も始まらない……


そうそう、そうだよね~
みんな頑張ってる!自分一人じゃないんだ!って考えたら、これから先も 前を向いて歩けそうな そんな気がしてきた日曜の午後でした(∩_∩;)P


(2015年1月18日 東京の空……快晴)
スポンサーサイト

’12年秋…乳癌ステージ2b・HER2 3+トリプルポジティブ告知

アラフィフサバイバー。…もし、これが必然であるなら~、乗り越えろ!って事ですよね (=^ェ^=) ゞ

さくら色

Author:さくら色
アラフィフ乳癌サバイバーです。2012年10月…ステージ2b・トリプルポジティブの告知を受け、7ヵ月間の術前化学療法を終了し、6月に右全摘。その後単独ハーセプチンを1年、現在はアリミデックス服用中です。以前の様な生活に戻りたい……でも なかなか病気の呪縛から離れられない。それでも前を向いて歩いていかなければ……。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

さくら色

Author:さくら色
アラフィフ乳癌サバイバーです。2012年10月…ステージ2b・トリプルポジティブの告知を受け、7ヵ月間の術前化学療法を終了し、6月に右全摘。その後単独ハーセプチンを1年、現在はアリミデックス服用中です。以前の様な生活に戻りたい……でも なかなか病気の呪縛から離れられない。それでも前を向いて歩いていかなければ……。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。