03
1
2
3
4
5
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のホニャララ……

(ワンコ……術後の様子)


先週3/4(金曜日)に避妊手術を受け、今日で6日……
luna……とっても元気、凄い回復力です

避妊手術後 3日間程は、 エリザベスカラーを付けっぱなしにしていたのですが……
意外と傷口を気にしたり、舐めたりする様子もなく
逆に~首が気になって、オシッコやウンチをしなくなってしまいましてね (×_×;)(これは……想定外)
仕方がないので、トイレをもよおしそうな時間を見計らって、時々 外してあげる事にしました


やっぱり付けているのが気にいらないんでしょうね(# ̄З ̄)


そこで、4日目からは、日中~目が行き届く間は外してあげる様にした所……
「おいおい、そんなに動いて 大丈夫なの(・・;)))?」と こちらがヒヤヒヤ心配する程 やんちゃに動き回る様になりました

何にしても……日に日に元気になっていくのは嬉しいですね


そんな訳で、夕べ初めて、夜 寝る時~朝迄ずっと外したままにしてみたのですが……
ウフッ(^w^) 何とか 大丈夫でした!
そこで、今日の日中も、試しに一日中~何も付けずにいると……
おやまあ、 見ていない時間でも全然大丈夫!
ほとんど以前の様な生活パターンで過ごせましたよ
「なぁ~んだ、もう大丈夫じゃん!!」
ホッ(^o^;)



まだ、お腹の傷跡が痛々しいけれど……
luna自身は もう あまり痛く無いんでしょうね

何にしても、元気になれて 良かったぁ~(*^▽^*)

抜糸は日曜日の予定……

待ち遠しいね




(……今日の出来事)


実は~本日は わたくしの ○○回目の誕生日

思いがけず、来月結婚式を目前にした 息子からプレゼントが届きました~






何でも~彼女と相談して、選んでくれたのだとか……

嬉しいですね、有難いですね

「乳がん」と診断されて、3年と4ヶ月
又、こうして無事に誕生日が迎えられた事に感謝 感謝でございます(*´-`)

しかしなぁ~
今から励んで、べっぴんサンになれるなかぁ~


スポンサーサイト

飼い主として……

(ワンコ……lunaの近況)

(今日は ちょっとグロい写真がありますので、苦手な方はご注意下さいませ m(__)m)






luna……2月6日で 無事1才の誕生日を迎えました
お陰様で元気一杯の日々を送っております
(いえ……正確にはおりました (--).。o○)


・・・でもね~
今日はぐったりなんですよ




エリザベスカラーを首に巻き付け、思うように動けぬもどかしさと辛さ、そして 痛み等で……只今、寝床の隅っこで丸~~~くなって寝ております
(/_;)/



そうなんです
お察しの通り、実はlunaは一昨日『避妊手術』を受けまして、昨日 退院してきたばかり


『避妊手術』……ずいぶん悩みましてね
“やっぱり自然が良いんじゃないか?”“敢えて、人間の都合で痛い思いをさせる必要があるのだろうか?” etc.etc.etc.……


だって、まだこんなに小さいんだもの

飼い主として、どうしたら良いのか?
一度は真剣に悩む重大な事柄ですよね


思い起こせば 昨年10月、丁度生後8ヵ月頃あたりから、乳歯がポロッポロッっと抜け始め、「何だかこの頃食欲無いね~」なんて言ってた矢先に、初めてのシーズンがやって来ました


出血、そして オッパイやオチンチンチンが張れて来て~、お気に入りのぬいぐるみを相手に 一生懸命に腰を振り振りしたり、疑似妊娠の様な仕草も見られる様になって……

それがヒートだったんですね

「アッチャ~!とうとう来ちゃったんだね」って言うのが正直な感想でした


分かってはいたんですよ(*´-`)

通常、初めてのヒートが来る前迄に 避妊手術を受けた方か良いって事は……

でも、何せ チワワは小さいワンコ
その頃のlunaの体重は 1.7kg位しかなくて~、そんな小さな体にメスを入れるのがやっぱり可哀想で(忍びなくて……o(><;)(;><)o)

全身麻酔の体への負担も相当なものだと思いますし……

そうこう色々考えているうちに、その時期を逃してしまい、で、結局 今このタイミングとなった訳なのです



しかしながら、この避妊手術を受ける事によって、ホルモン関連の病気にかかるリスクを減らす事が出来るんですものね
やっぱり、メリットは大きいと思います


子宮蓄膿症・卵巣嚢腫・乳腺腫瘍・膣脱等……

乳腺腫瘍……つまり私がかかった、あのにっくき【乳癌】ですよ (怖っ(^_^;)))
雌のワンコが 乳癌にかかる率は高いと聞きます
大切な家族の一員であるlunaには、乳癌になんかなって欲しくありませんものね


で、この避妊手術を受ける事で、それらの病気にならない抑制確率はというと

①初回発情前 95%
②初回発情後 92%
③2回発情後 74%
④30ヵ月月齢以降は効果無し との事


よって、lunaの場合は ②に当てはまるという事でして
(いや、この確率の高さには目が眩みますな(→.←)φ)



でも、そうは言っても やっぱり可哀想~
今、痛々しいlunaを目の前にし、“これで良かったんだよ ”と自分に言い聞かせてい る私と夫でございます


「早く良くなぁ~れ
「早く痛みが取れます様に……


実はですね(-_-)
何を隠そう~、我が家の先代ワンコのラン(フラットコーテッドレトリバーの雌)は、8才の時に子宮蓄膿症になり手術を受けました


↑↑
(これは、当時切り取ったランの子宮です)

当時8才ですから、もうヒートも終わって、出産経験も無かったですからね
きっと~そうなっても仕方が無い状況だったんだと思いますが……
でも、あの時は 本当にビックリしましたね



その後、手術後の経過も良く、又直ぐに元気にはなりましたけど
やっぱり、ランも避妊手術を受けていたら、あの病気にはならなかったのでしょうね……(;_;)/~~~




……という事で
本日、久しぶりの記事はワンコの飼い主としての苦悩?についてでした





現在のlunaの様子……
・ご飯は ふやかした物を何回かに分けて与え 完食!
・昨日の退院時から丸一日、オシッコをしないので心配しましたが、エリザベスカラーを外してみたら なんとか放尿~
(ホッ!良かった(* ̄ー ̄))
・ウンチは まだかなぁ?




痛いの痛いの飛んでいけ~(*´-`)/

’12年秋…乳癌ステージ2b・HER2 3+トリプルポジティブ告知

アラフィフサバイバー。…もし、これが必然であるなら~、乗り越えろ!って事ですよね (=^ェ^=) ゞ

さくら色

Author:さくら色
アラフィフ乳癌サバイバーです。2012年10月…ステージ2b・トリプルポジティブの告知を受け、7ヵ月間の術前化学療法を終了し、6月に右全摘。その後単独ハーセプチンを1年、現在はアリミデックス服用中です。以前の様な生活に戻りたい……でも なかなか病気の呪縛から離れられない。それでも前を向いて歩いていかなければ……。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

さくら色

Author:さくら色
アラフィフ乳癌サバイバーです。2012年10月…ステージ2b・トリプルポジティブの告知を受け、7ヵ月間の術前化学療法を終了し、6月に右全摘。その後単独ハーセプチンを1年、現在はアリミデックス服用中です。以前の様な生活に戻りたい……でも なかなか病気の呪縛から離れられない。それでも前を向いて歩いていかなければ……。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。