11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(@_@;)!!初診(告知)を受けたあの医者がテレビに出てる……!

昨日の夕方、リビングでテレビを観ていた夫
が、いきなり大きな声で……



夫:「ママ、ママ 早く来て!あの医者
【バンキシャ】に出てるよ! 」

私:「えっ?」

(あの医者という言い方をするのは……夫の
中では、このDr.にあまり良い感情を持っ
ていないせいである……)

私:「あー!ホントだぁ!( ̄ー ̄)」


A.ジョリーで話題になっている『遺伝子検
査』についての内容の番組でした。

そして、画面に映る そのクリニックそして
医者は……まさしく あのDr.。



(……ここからは、回想になります(*´-`))


去年の秋、区の乳がん検診に申込みをして
いたのですが……、やはり どうしても『し
こり』が気になった私は、区からの連絡が
待ちきれずに、急遽、ネットで医療機関を
調べました。

●そして、受診した当日にマンモも超音波も
行い、検査結果も教えてくれるという 乳腺
専門の病院を見つけ受診……。



そこが……昨日テレビに出ていたクリニック
です。

当時、夫は出張中だった為、私は地図を片手
に一人で受診しました。

一通り検査が終わると……

そのDr.は 意図も簡単に「ステージ2の
乳がんですね」と良い放った訳ですが……


当の私も……(やっぱり……(T-T))と
思ったものの~、意外と冷静にその結果を
受け止めました。

その時「この程度だと、気丈な人なら~
日帰りで切除する事も出来ますよ」
……と Dr.は言い……


(私も…アハッ( ̄▽ ̄;)!そうなの~?

……でも、ここでは検査しかしないけど…)
と、心の中で 呟き……

取り敢えず、次の検査MRIの予約を取り
、2日後に検査を受けました。


●そして、翌週……
結果を聴きに夫とクリニックへ……。

その時のDr.の所見は……1.8×1.8位
で~?リンパへの転移もなさそうとの事
でしたが……

私は このあと直ぐに、細胞診の検査を
お願いして、診察台へ横になり、そして
オッパイに初めて針を射しました。

……しかし このDr. この検査の時にも、
右と左を間違えそうになるし、何だか……
態度も 今一で~、ここで受診した事を後悔
……(。>д<)

……でも、検査だけだからと自分に言い聞か
せ、痛みをこらえたのでした。



【後で分かったのですが……
最初の この結果は NG!
のちの検査では、しこりは 3.5cmも有
り、しかもリンパにもいっていました
~(≧∀≦)】


そして、この日受けた細胞診の結果は…
…1週間か10日位かかるとの事…


Dr.は検査しながら~「これだと……大き
な病院なら、たぶん全摘でしょうね」
と ボソッと言いました(*_*)。






*****と、ここ迄

物凄~~~く ハショッテ書いてしまいまし
たが……


つまり 、、、
このDr.……ここ迄の流れは……とても
機械的で、淡々としていて、ほとんど
患者である私と 目を合わせないし……、
態度も 傲慢な感じで~、
「俺の言う通りにしていれば間違いない!」
的で やけに自信ありげ……だったという
訳です。



だけど……有無をも言わせず?って所が
かえって信用出来なかったのです。
正直 ムカつきました!


『やっぱり、ここでは 治療出来ない!!』
……そう思った瞬間でした。



細胞診の検査が終わると……
私は すぐさま 夫の所へ駆け寄り
「ねぇ、パパ パパ……今度来た時、今迄
の検査結果のデータを貰いたいって言わなく
っちゃ!」そう言いました。

そうしないと……何かこのままこのDr.の
ペースに引きづりこまれそうで、怖かった
んです。




……そうして、こちらの意向を話すと


案の定……よけいにDr.の表情が 険しく
なった様な気がしました。


感じ悪い……( ̄~ ̄;)。

そして、帰宅……。



●1週間程して Dr.から電話がありました。

「この前採った細胞診の検査結果が出来まし
たよ。あなたの癌は、チョット特殊なタイプ
だったのですが……、ご説明しますから、
いつ頃 来れますか?」 と……

それから 3日後……夫と一緒に 結果を聴
きに行きました。


そして、この時 初めて……私の乳がんは
『HER2 3+と言うタイプで、しかも
トリプルポジティブ』
だと知らされました。

当然、聞いた時には 何がなんだか良く分か
らない訳でして~、とにかく、ようは
『顔付きの良くない癌で、悪性だ』という
事でした。



この時に、Dr.が話した幾つかの事柄……


●●● そうなんです!私達夫婦が、この
Dr.を【あの医者と呼ぶ 最大の理由】
ここにあります!!! ●●●


私達は、一通りHER2について聞かされた
後、更に Dr.はこう言いました……

……このタイプの乳がんには、
『ハーセプチン』という薬を使うのが効果的
で、普通 大きな病院だと、手術したあとに
転移予防として使われているのだと………

そして、こういう乳がんの場合には、やはり
最初に切除し、そのあと 強い抗がん剤や
放射線治療が行われるのが一 般的……

だけど、大きな病院だと、時間も掛かるし、
治療もスタンダードだから~、しなくでも良
い辛い思いをする事になりますよ~


……と、何?私達を脅してるの?と、誤解を
受けそうな発言まで……



そして、その後も話を続け……
その点、この病院なら 他ではやっていない
術前に投与する治療もやってます
から~、
癌を小さくしてから切除する事が出来ます
よ!と、言われたのです。


……しかも、さも 自信ありげにです……

Dr.は こうも言っていました。
「ですからね……
うちのクリニックには、こうした治療を受け
る為に、わざわざ遠方から来る患者さんも
いて……、実際、癌が小さくなったり、
中には 癌その物が無くなった人もたくさん
いますよー!」


、、、と、何やら 甘い汁まで 撒き散らかさ
れました。


そして~、最後に『ハーセプチンのハンドブ
ック』を渡され、今度来る時迄 良く読んで
……治療をどうするか?良く考える様に……
って言われたのでした。

もちろん!……そんな気は サラサラありま
せんでした( ̄ー ̄)。



他の病院への紹介状?
それも書いて貰えそうも無い雰囲気(……
いや、正確には言い出せない空気でした…)


結局、その日……
私達夫婦は、受付で この前撮ったMRIの
画像と、細胞診の報告書を受け取って……
帰路についた訳です。


●そして、その夜……

ネットで HER2 それからハーセプチンに
ついて、いろいろ調べてみました。

ハーセプチンについては……
進行性の乳がんで、HER2 3+のタイプ
の乳がんに良く効く 分子レベルの薬。
しかも、この薬は 既に日本でも 保険適応
になり、なおかつ、術前投与も行われている
あるではありませんか?!


えっ?何?

あのDr.……術前で投与するのは うちだ
けだ?みたいな言い方をしていたのに……


素人の私達患者には どうせ分からないと
思ったのだろうか?

……だとしたら

「ふざけるなよ!Σ( ̄皿 ̄;;」

危うく騙される所だった!いや……はなから
あのクリニックで治療する事は考えていなか
った訳ですが……それにしても 納得が出来
ない出来事でしたΨ( ̄∇ ̄)Ψ




……という訳で

昨日、私達夫婦は久しぶりに あのDr.の
顔を見て……当時の興奮を甦らせたのでした




にほんブログ村0000030266.jpg
スポンサーサイト

アッ最低のドクターだよねv-12
ホント医者も人間だから合う合わないもあるもんネ。
なったんの入院中に88歳のおばあちゃん!!!
田舎から出て来て、田舎の病院では「もう少し手術は後でもイイ!!!」
ッテ言われたらしいケド納得出来ず2時間以上かかる、なったんの病院を
探して(しかも、なったんの市内でも3件もまわって)手術受けに来たんだって。
流されない彼女はすごい!!!
なったんは「のほほ~ん」と今の主治医に会って、幸せだったんダネ(汗)

でも、さくら色サン「病院変えて正解v-237
そんな人に限って、テレビに出てみたり
バカやロ~v-237v-237v-237

今にそんな事してたら バチ が当たるよぉ~(笑)

Re: タイトルなし

こんばんは……なったん(^○^)

おぉぉヽ( ̄▽ ̄)ノ凄いね、そのお婆ちゃん!
やっぱ 幾つになっても……生きる事には 貪欲であれって事かな?

しっかし,あのDr. ……ラジオ波の治療で チョットは名の知れた
人らしいんだけど 、、、あまりにも 人柄がねぇ(T-T)。
あんなの、強引に言われたら……断れずに そのまま治療する患者さんもいるんだろうな?

ホンとに0期位の初期ならいざ知らず、ある程度 進行してる人だったら……大変だと思うよ!
相性もあるとは思うけどね……。信じる人は~馬鹿を見る~?いや、救われる~かヽ( ̄▽ ̄)ノ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん…… 初めまして (#^.^#)

鍵コメさん……初めましてm(__)m。

……とはいえ、いつもご訪問頂き 有り難うございます。鍵コメさん ご指摘の『新宿にある ラジオ波の治療で有名なクリニック?』……間違いないと思います( ̄ー ̄)。私だけじゃなかったんですね~(*´∀`)。
あのDr.は 胸に出来たしこりだけしか見ていないという印象を受けました。乳がんは『全身病』なのにね(*´-`)。
それから~、マンモの技師(女性)も 下手くそだったし……、超音波担当の女性も……?
まっ、私の場合は 初めから検査だけのつもりだったのですが……とにかく、ここに命は預けられない!!と思いましたよ~。これから先も 大変そうですが……一緒に頑張りましょうね(^_^)v


Secre

’12年秋…乳癌ステージ2b・HER2 3+トリプルポジティブ告知

アラフィフサバイバー。…もし、これが必然であるなら~、乗り越えろ!って事ですよね (=^ェ^=) ゞ

さくら色

Author:さくら色
アラフィフ乳癌サバイバーです。2012年10月…ステージ2b・トリプルポジティブの告知を受け、7ヵ月間の術前化学療法を終了し、6月に右全摘。その後単独ハーセプチンを1年、現在はアリミデックス服用中です。以前の様な生活に戻りたい……でも なかなか病気の呪縛から離れられない。それでも前を向いて歩いていかなければ……。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

さくら色

Author:さくら色
アラフィフ乳癌サバイバーです。2012年10月…ステージ2b・トリプルポジティブの告知を受け、7ヵ月間の術前化学療法を終了し、6月に右全摘。その後単独ハーセプチンを1年、現在はアリミデックス服用中です。以前の様な生活に戻りたい……でも なかなか病気の呪縛から離れられない。それでも前を向いて歩いていかなければ……。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。