10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育て中に がん伝えるなら②……是非ダウンロードして読んで頂きたいサイト

親が『がん』になってしまった時……
子供にどう伝えるか?そして、子供をどう支えるか?



……という 凄く難しい問題に関して、昨日は 朝日新聞の記事をご紹介させて頂きましたが、今日は その捕捉です(*´∀`)



実は夕べ、ブロ友の あいちゃんからコメントを頂きました。あいちゃんは、今年7月に 『Hope Tree』な学習会に参加していらっしゃいまして……


そこでお勉強してきた中で、ご自分も とても参考になったというサイトを紹介して下さったんです(*^^*)。

と いう事で…… せっかくなので
今日は、そのサイトのご紹介です・・・



【親が“がん”になってしまった時、子供にどう伝えるか?そして、子供をどう支えるか?】こういう 凄く難しい問題にがして、とても分かりやすく具体的に説明してあるサイトです。興味のある方は 是非一度 ご覧になってみて下さい。



これは~ノバルティスファーマ㈱のサイトですが……、この会社では、様々ながん領域への取り組みをしているようです……
(会社HP)http://www.novartisoncology.jp

何でも「ノバルティスオンコロジー」と言って……“がん”になった時、【あなたの『生きる』を支える人々】となるものを提供、発信しているようでして~


がん患者さんと思春期の子供のコミュニケーションをサポートする為の小冊子「誰も分かってくれない!思春期の子供にとって、親が がん患者であるという事」も新たに制作したそうです。



さて さて、そこで問題のサイトですが・・・


まず、上記の会社HP(ウェブサイト)に入って頂き、その中にある
「こころやコミュニケーションのサポート」のページ……

http://www.novartisoncology.jp/patients/support/

から、電子ブックでの閲覧、及び PDFのダウンロードが可能です。


……電子ブックに記載されているタイトル……をちょっと列記しておきますね。これを見て、興味のある方は 是非 サイトを覗いて見て下さい m(__)m

『わたしだって知りたい!』
~親が“がん”になった時、子供に何を伝え、どう支えるか~


●どうしてお薬飲んでるの?
(子供への対応は 誰もが悩みを抱えています)

●どうして教えてくれないの?
(子供が 何かを感じ取っています)

●お母さん、病気なの?
(どのように伝えるのが 良いのでしょうか?)

●ぼくが 悪い子だったから?
(誰のせいでもない事を伝えましょう)

●どんな病気なの?
(病名を伝えましょう)

●ぼくも 同じ病気になっちゃうのかな?
(伝染しない病気である事を伝えましょう)

●誰がご飯を作ってくれるの?
(6才迄の子供に伝えるには……)

●治らないの?
(7~12才の子供に伝えるには……)

●これからどうなるの?
(思春期の子供に伝えるには……)


●その他 Q & A

●がん患者の体験談




……等々、私も読んでいて 何だか胸が熱くなり~切なくなってしまいました・・・(×_×;)



やはり……年齢に応じて、接し方が異なり、とても難しい事なんだなぁ~という事を、改めて 感じました。(……あいちゃん、素敵な情報を教えてくれて、有り難う(^-^)/。これが、誰かのお役に立つと良いよね~.:*:・'°☆)



にほんブログ村
スポンサーサイト

こんばんは

昨日に引き続き、ありがとうございます(^O^)
病気の事は私が手術で入院する時に、
子ども達に話していたのですが、
お兄ちゃんはともかく、下の子はまだ幼いので、
すべて話せてはいませんでした。
これから成長に合わせて、必要に応じて、
伝えていけたら…と思います。
情報を教えて下さったあいちゃんさんにも、
この場をお借りして、ありがとうございました(^∇^)

Re: こんばんは


あきサン……こんばんは(о´∀`о)

そうですよね、同じ兄弟でも、年齢が違う分、選ぶ言葉やタイミングも おのずと違ってきますよね。
今回の対象は 思春期以下のお子さんという事でしたが、実の所……私自身に当てはめた時に 、既に成人した子供達への対応(説明)が、充分ではなかった事に 気付かされました。私も あいちゃんに改めてお礼を言いたいと思います。
あいちゃん、教えてくれて有り難うございました~(^.^)

こんばんは。
お子さんが小さいと、話すべきか悩むでしょうね。
僕は、23歳の時に父親が食道がんになり、「お前知ってるか?お父さん癌なんだ」とさらっと言われました。知っていましたが「そうかあ」とだけ言いました。僕が24歳の時に亡くなりました。本人への告知、子どもへの告知、難しいですよね。

Re: タイトルなし


ふうとサン……こんばんは~(^.^)

そうでしたか、ふうとサンも、お父様をがんで亡くされたのですね(-.-)。ふうとサンは、それを聞いた時……どんなお気持ちだったのでしょう?
たとえ、小さいお子さんでも、“あれ?パパとママ 何かいつもと違うぞ……”っていう事を、敏感に察知しちゃうと思うんですよね。そして、具合の悪い姿を見たら~とんでもなく心配をしてしまうと思います。今、実際に そういう場面に直面している方々も 多いと思いますが…。
皆さん……上手に乗り越えて欲しいですね(^-^)

僕の場合は、母親が動揺していて、とにかく父親に隠そうとしていたので、むしろ主治医と共に、告知をすべきだと説得しました。僕もその立場だったらそうして欲しい。そして、子どもたちにもはっきりと伝えたい。父親が食道がんだったと知ったときは、とにかく調べました。予後など。とても親しい友人にナースがいて、状況から見て1年後に生きている可能性がとても少ないことを知りました。とにかく母親のことはちゃんと見るから安心して欲しいこと、それと、もし天国というところがあって、死んだ父親が僕をみることがあるなら、誇りに思ってもらえる人生を送りたいと思いました。だから今も走り続けているのかもしれませんね。

Re: タイトルなし

お早うございますσ(^_^)ふうとサン

……大変 誠実にお答え頂き、有り難うございます。当時 23才だったとの事ですが、息子として しっかりと対応なされたのですね。偉かったですね。ご両親も そんなふうとサンがいらして、どんなにか心強く思われた事でしょう。
それに比べ うちの場合……、夫が何でもやってくれているせいなのか?それとも 私の病気についての認識が甘いのか?最近の子供達の様子を見ても、あまり今迄と変わった感じが無く……「分かってるのかなぁ?私が あなた達と過ごす時間は 思っている程 長くはないんだけどなぁ~ 」なんて思う事も あったりします。年齢に応じた告え方という点が考えると~、今更ながらですが、振り返ってみて 私の口から この病気についてのシビアな話?をしっかり話せてはいなかった気がします。きっと、これから先、又、再発という現実が立ちはだかった時に……現実味をおびてくるんでしょうかね?
何れにしても、機会を見つけで、きちんと話をしてみようと思います( ´∀`)

誰かの役に立つのなら✩

さくら色さん、こんばんは。

紹介してくださってありがとう!
今、まさに子どもに話すか話すまいか悩んでいる人や、
どう話していいのか困っている人の役にたてたら嬉しいです。

あきさん、ありがとう!
私にまで丁寧にお礼をくださって、恐縮しています。


Re: 誰かの役に立つのなら✩


こんばんは~あいちゃん(^-^)

いえいえ、こちらこそ有り難うm(__)m。
私も 自分の事に置き換えて、今一度 考え直す良い機会になりました。

ホント……あきサンを含め、どなたかの役に立てたなら嬉しいね~( ^-^)ノ
Secre

’12年秋…乳癌ステージ2b・HER2 3+トリプルポジティブ告知

アラフィフサバイバー。…もし、これが必然であるなら~、乗り越えろ!って事ですよね (=^ェ^=) ゞ

さくら色

Author:さくら色
アラフィフ乳癌サバイバーです。2012年10月…ステージ2b・トリプルポジティブの告知を受け、7ヵ月間の術前化学療法を終了し、6月に右全摘。その後単独ハーセプチンを1年、現在はアリミデックス服用中です。以前の様な生活に戻りたい……でも なかなか病気の呪縛から離れられない。それでも前を向いて歩いていかなければ……。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

さくら色

Author:さくら色
アラフィフ乳癌サバイバーです。2012年10月…ステージ2b・トリプルポジティブの告知を受け、7ヵ月間の術前化学療法を終了し、6月に右全摘。その後単独ハーセプチンを1年、現在はアリミデックス服用中です。以前の様な生活に戻りたい……でも なかなか病気の呪縛から離れられない。それでも前を向いて歩いていかなければ……。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。