04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝ドラより・・・(*´-`)

(……日常のひとこま)





NHKの朝ドラ「あさが来た」が終わり、今週からは「とと姉ちゃん」がスタート

この所~毎朝テレビから流れてくる AKB48が歌う「365日の紙飛行機」に元気をもらっていた私ですが、新作にも 元気魂が頂ける事を期待したいですね~

何でも 今回は、人気生活雑誌『暮しの手帳』の創刊者である大橋鎭子さんの生涯(戦前戦後を通じ、激動の昭和時代を女性達が社会に進出し力強く生き抜く姿)を描いた作品だそうです


・・・という事で
早速 今週水曜日に放映された3話目
画面を観ながら~ちょっとウルウル (;_;)/~~~しちゃいましてね
今日は そのお話のご紹介
↓↓↓

主人公の幼少期……

【家訓】
一、朝食は家族皆でとること
一、月に一度 家族皆でお出掛けすること
一、自分の服は 自分でたたむこと

父親は 何よりもこの3つの家訓を大切にしていました

ある日の夜、子供達が寝静まった頃、残務をしに会社に戻ろうと 身仕度をしながら妻と交わす会話……


母「あら、お出掛けになるんですか?
大丈夫なんですか?」
父「今行かないと、明日の朝早く行く事になるからね。そしたら、皆で朝食をとるという家訓を破ってしまう事になるから……」
母「家族で過ごす事は いつでも出来るじゃないですか」
父「僕はそうは思いません。当たり前にある毎日でも、それはいつ失う事になるか分からない。明日かもしれないし、一年後かもしれない……
母「そんな……」
父「大袈裟かもしれませんが、両親を突然失った僕には 何だかそう思えるんです。だから無理をしてでも一緒にいる時間を大事にしたい。当たり前にある日常は かけがえの無いものですから……月に一度の家族揃ってのお出掛けが、この先 あと何回出来ると思いますか?
母「えっ?さあ」
父「つね子(長女)が18才で嫁いだとすると、あと87回しか無いんですよ」
母「数えたんですか?」
父「そう。あと87回しかない。一度だって欠かす事なんて出来ません」

・・・・・


うん うん(*´ー`*)
何だかね~、分かるなぁ~そんな気持ち
私も 何かにつけて同じような事をよく考える



明らかに病気になる前とは違う心模様
元気だった頃は、このまま普通に年を取り、自然にお婆ちゃんになれるものと思っていたけれど……

そうじゃ無いんだっていう事を 気付かせて貰えたのは病気のお陰……

生きていられる事は有難い
当たり前の事が当たり前では無いって事
普通に生活出来るって事が 物凄く特別な事なんだって事

有難や~有難や~

決して他人事だとは思っちゃダメ!
私自身、元気な時には 真面目に考えていなかったような気がするな
いやいや、これからだって遅くは無い!

一日一日を大切に……ね(*^3^)/~☆


(……今日もルナちゃんに癒やされて…v(*'-^*)^☆)



最近の出来事あれこれ……その②

(……もう一つの心配 + α)


最近の出来事……その②

3月中旬……
丁度その頃、実は乳がんについての心配事が急浮上しておりました

今迄にも 何か体の何処かに不調がある毎に、「……もしや?」「……まさか?」と不安になる事は度々あったのですが、いやぁ~今回は 本当にビビりましたね


実は、去年の秋にも それと似た様な事があり、一度主治医にも診てもらった経緯があり……これはただ事では無いなと思ってしまったんです

手術の傷痕のすぐそばに、赤みががった小さなびらん(発疹?)が2つ3つ……痛くも痒くも無いのだけれど、心無しかちょっとずつ大きくなっている気がして


「えっ?何これ?又?何なの~(×_×;)?」
「いやいや……大丈夫だよ!こういうの 前にもあったじゃん」と、自分に言い聞かせ……もう暫く様子を見る事にしたものの

でもね、気にしないようにすればする程、何故か気持ちがそっちにいってしまうんですよ

日に何度も服を捲っては、患部をジーッと見つめ フゥ~(゜〇゜;)≡3と溜め息・・・
「まさか、局所再発か……?」なんて事が頭を過る

とうとう自分一人の胸に留めておく事が出来なくなって、夫にも相談

夫「……うん、確かに赤いのがあるね」
「でも、心配なら診て貰おうよ」
「うぅ~ん、でも4/12に予約入ってるんだよね」と私

と言ってはみたものの
何故だか日に日に心が壊れていく……
平静を装おってはみるが、何かしていても集中出来ない
時折、無意識に動悸がする
ふとした時に、心臓が バクバクと音を立て鳴り始め、口から飛び出しそうになるのだ
眠れない(久しぶりに眠剤のお世話になる)

ヤバいなこれは……(;゜0゜)
こんな精神状態じゃ、とても4/12迄は待てないよ

……と いう事で
思いきって 病院に電話をし、親しくして頂いている化学療法室の看護師さんに相談してみる事にしたんです

すると、すぐに主治医に事情を説明してくれて~、結局 3/29に前倒しで診察して貰える事になったんですよ

何と有難い事でしょう……
ウルウル m(。≧Д≦。)m・゜・。・゜゜
(正直、あと3週間も こんな気持ちのまま過ごすなんて、とても無理だと思った)

凄く心配……めちゃくちゃ怖かった……


3年5ヵ月前、自分の胸を触り「おやっ(◎-◎;)?」と気付いたあの日……
そして、乳がんと告知されたあの日……

今回の恐怖は、あの日あの時の気持ちとは 明らかに違うものでしたね

あの頃、ちゃんと覚悟が出来ていたはずなのに……

こうやって、3年 生かされるうちに 欲が出て来たんでしょうかね?

夜、布団に入り……今日一日無事に過ごせた事に感謝し
朝、陽の光を浴びては……有難いなぁ~と心から感謝する
当たり前の事が決して当たり前では無いという事を再確認しながら 過ごす毎日
そして……今日も 又 普通に生活が出来ます様に、笑顔でいられます様に見守って下さい……と 毎朝 仏壇に手をあわせる

そ~んな毎日を送って来た私だけれど……
アハッ( ̄▽ ̄;)!!覚悟が足りなかったんだな


で、診察の結果は?っていうと
結局、今回の湿疹は 乳がんには関係の無いものと診断されました(キャア~~~なんて人騒がせな)


それにしても、ホント マジに今回はビビりました!
お陰でこの病気の怖さを再確認しましたよ
体だけで無く、心までもが蝕まれる……まあ、それが この『癌』という病なんでしょうね

まあ、今回の様な事が、又 いつ襲ってくるか分からない病だけれど……
何にしても、家族に再び心配や迷惑を掛けたく無いんですよ
又 あの辛い治療を受けたくは無い……
又 禿げたく無い……
まだ まだカウントダウンはしたく無いんですよ……
子供達の結婚を見届け、孫の顔も見たいな……
お爺さん、お婆さんになっても仲良しでいたいな……

今回 このような再発騒ぎがあって、再び “もっと生きたい!” と想う様になりました

『人間 生きてるだけで めっけもん』って誰かが言ってましたね


私も、本当に 本当にそう思うのです(*´-`)






3/26……娘と浜松町へ

待ち合わせをして、久しぶりに 劇場四季の『ライオンキング』を観て来ました

(いやぁ~前にも観た事がある演目なのに……又 これが観たいと娘が言い出しましてね)

急遽、チケットを手配し、行って参りました

ウフッ(^w^)!
でも、いざ始まってみると~何故だか以前とは違う新鮮な感覚で観賞
やっぱり良いものは何度観ても良いもんなんですね ~v(*'-^*)^☆

帰り……串揚げ店さんでの食事
娘と一緒にワインを飲みながら~揚げたての串揚げを頬張る
いろんな話をしました

娘、25才……いつの間にか立派な大人になっておりました(*´-`)

……幸せなひとときを有り難うございます





最近の出来事あれこれ……その①

(……心配な事+ α)


最近の出来事あれこれ……その①




又々 ご無沙汰です
3月……終わっちゃいましたね(^_^;)))
早いなぁ~、今年もあと9ヵ月ですよ
ホント、びっくりポンです

まっ、便りの無いのは良い便りとは言いますが、そうは言っても やはりまあ色々色々あるもんです


体調……
治療、そしてその後のホルモン療法により、相変わらずあちこち不具合を感じながらも、何とかやっております

しかし、そんな中……
持病の腎結石には 未だに手を焼いておりまして(×_×;)
2月……昨年末から年越しで感じていた膀胱の違和感がなかなかとれなくて、とうとう膀胱癌の検査を受けちゃいましたよ

何せ、腎臓にたくさんの石っころを抱えている私……
まあ、この持病とも かれこれ30年もの長いお付き合いになるので、今では 石が腎臓から下へ移動し→尿管を伝って膀胱へ落ち→そこからオシッコと一緒に外へ排出される→この一連の流れを だいたい体で感じる事が出来る様になり……
「あー、又 来たな!」ってな具合に、その不調には もう慣れっこなのであります


でもね、今回はいつものそれとは違っていたんですよ

いつもなら「あれ?何かおかしいなぁ」って思っていると、案の定 膀胱炎の様な症状(頻尿・痛み・違和感・不快感など)が出て
そして、そんな時には医師に処方された『クラビット』を数日飲めば、2~3日して 石がコロン!と出てくるんですけどね

今回は、何故かクラビットを飲んでも 改善されず(# ̄З ̄)
日をあけて、数回試してみたものの……やはり全くよくならなかったのです

おかしい!やっぱりおかしい!
結局、年が明けても石は 出ませんでした

実は~4年前、私の母は膀胱癌の手術を受けておりまして
「まさか……?いやいや、違うよね?」
等と いつになく 嫌な予感がして、心配になっちゃいましてね
とうとうDr.に膀胱癌の検査をお願いしたという訳です


結果は……大丈夫!
炎症反応や 白血球の数が増加(出血)の数値が出たものの、膀胱癌ではありませんでした
やはり膀胱の中に留まった 直径5mm程の石っころが2つ、3ヵ月もの間、オシッコの中でポチャンポチャンと浮いたり踊ったり、出口付近で悪さを繰り返していたんでしょうね~

そこで再度、クラビットを処方して貰い、飲んでみた所……翌日には コロッ!そして翌々日にも又 1つ、石が転げ落ちました

「やった」私を苦しめてたのは やっぱりお前達だったか・・・やっと やっと出て来たんだね
ふぅ~(^o^;) 良かったぁ~~~≡3

“もう勘弁してよね~”っていう出来事でした



3月……

3/4……愛犬ルナの避妊手術
痛いおもいをさせるのは可哀想……と随分迷ったけれど、怖い病気予防の為にもと、手術を決意!
現在のルナは?っていうと……もちろん 以前と変わらず、メッチャ元気ですよ~ん (^▽^o)




3/9……久しぶりに ユメちゃん、池うささん主催の『モヤモヤの会』(正確には→“主治医に言うほどではないけど、なんかモヤモヤ~な方あつまりませんか?”の会)に参加して来ました

この日は、会を発足して25回目・3周年記念という事で、ユメちゃんの主治医内田Dr.の特別講演もありましてね
世界で初めて全身麻酔を用いた手術(乳がん)を成功させた華岡青洲の話等も含めた『乳がんの歴史』についてお勉強しましたよ

終了後は 六本木のお店でのお疲れ様会
ワイワイ ガヤガヤみんなでAKB48のフォーチュンクッキーの大合唱 ????? ♪ヽ(´▽`)/
あっ!それから、先日の東京マラソンで みごと42.195kmを完走した 池うささんへのサプライズ “完走おめでとう”の花束贈呈もありましてね
( 楽しかったね~)

それから再び会場に戻って、フリートークあれこれ……

いやぁ~なかなか充実した一日でこざいました

皆様有り難うございました m(__)m



(次回⇒最近の出来事……②に続く)



今日のホニャララ……

(ワンコ……術後の様子)


先週3/4(金曜日)に避妊手術を受け、今日で6日……
luna……とっても元気、凄い回復力です

避妊手術後 3日間程は、 エリザベスカラーを付けっぱなしにしていたのですが……
意外と傷口を気にしたり、舐めたりする様子もなく
逆に~首が気になって、オシッコやウンチをしなくなってしまいましてね (×_×;)(これは……想定外)
仕方がないので、トイレをもよおしそうな時間を見計らって、時々 外してあげる事にしました


やっぱり付けているのが気にいらないんでしょうね(# ̄З ̄)


そこで、4日目からは、日中~目が行き届く間は外してあげる様にした所……
「おいおい、そんなに動いて 大丈夫なの(・・;)))?」と こちらがヒヤヒヤ心配する程 やんちゃに動き回る様になりました

何にしても……日に日に元気になっていくのは嬉しいですね


そんな訳で、夕べ初めて、夜 寝る時~朝迄ずっと外したままにしてみたのですが……
ウフッ(^w^) 何とか 大丈夫でした!
そこで、今日の日中も、試しに一日中~何も付けずにいると……
おやまあ、 見ていない時間でも全然大丈夫!
ほとんど以前の様な生活パターンで過ごせましたよ
「なぁ~んだ、もう大丈夫じゃん!!」
ホッ(^o^;)



まだ、お腹の傷跡が痛々しいけれど……
luna自身は もう あまり痛く無いんでしょうね

何にしても、元気になれて 良かったぁ~(*^▽^*)

抜糸は日曜日の予定……

待ち遠しいね




(……今日の出来事)


実は~本日は わたくしの ○○回目の誕生日

思いがけず、来月結婚式を目前にした 息子からプレゼントが届きました~






何でも~彼女と相談して、選んでくれたのだとか……

嬉しいですね、有難いですね

「乳がん」と診断されて、3年と4ヶ月
又、こうして無事に誕生日が迎えられた事に感謝 感謝でございます(*´-`)

しかしなぁ~
今から励んで、べっぴんサンになれるなかぁ~


飼い主として……

(ワンコ……lunaの近況)

(今日は ちょっとグロい写真がありますので、苦手な方はご注意下さいませ m(__)m)






luna……2月6日で 無事1才の誕生日を迎えました
お陰様で元気一杯の日々を送っております
(いえ……正確にはおりました (--).。o○)


・・・でもね~
今日はぐったりなんですよ




エリザベスカラーを首に巻き付け、思うように動けぬもどかしさと辛さ、そして 痛み等で……只今、寝床の隅っこで丸~~~くなって寝ております
(/_;)/



そうなんです
お察しの通り、実はlunaは一昨日『避妊手術』を受けまして、昨日 退院してきたばかり


『避妊手術』……ずいぶん悩みましてね
“やっぱり自然が良いんじゃないか?”“敢えて、人間の都合で痛い思いをさせる必要があるのだろうか?” etc.etc.etc.……


だって、まだこんなに小さいんだもの

飼い主として、どうしたら良いのか?
一度は真剣に悩む重大な事柄ですよね


思い起こせば 昨年10月、丁度生後8ヵ月頃あたりから、乳歯がポロッポロッっと抜け始め、「何だかこの頃食欲無いね~」なんて言ってた矢先に、初めてのシーズンがやって来ました


出血、そして オッパイやオチンチンチンが張れて来て~、お気に入りのぬいぐるみを相手に 一生懸命に腰を振り振りしたり、疑似妊娠の様な仕草も見られる様になって……

それがヒートだったんですね

「アッチャ~!とうとう来ちゃったんだね」って言うのが正直な感想でした


分かってはいたんですよ(*´-`)

通常、初めてのヒートが来る前迄に 避妊手術を受けた方か良いって事は……

でも、何せ チワワは小さいワンコ
その頃のlunaの体重は 1.7kg位しかなくて~、そんな小さな体にメスを入れるのがやっぱり可哀想で(忍びなくて……o(><;)(;><)o)

全身麻酔の体への負担も相当なものだと思いますし……

そうこう色々考えているうちに、その時期を逃してしまい、で、結局 今このタイミングとなった訳なのです



しかしながら、この避妊手術を受ける事によって、ホルモン関連の病気にかかるリスクを減らす事が出来るんですものね
やっぱり、メリットは大きいと思います


子宮蓄膿症・卵巣嚢腫・乳腺腫瘍・膣脱等……

乳腺腫瘍……つまり私がかかった、あのにっくき【乳癌】ですよ (怖っ(^_^;)))
雌のワンコが 乳癌にかかる率は高いと聞きます
大切な家族の一員であるlunaには、乳癌になんかなって欲しくありませんものね


で、この避妊手術を受ける事で、それらの病気にならない抑制確率はというと

①初回発情前 95%
②初回発情後 92%
③2回発情後 74%
④30ヵ月月齢以降は効果無し との事


よって、lunaの場合は ②に当てはまるという事でして
(いや、この確率の高さには目が眩みますな(→.←)φ)



でも、そうは言っても やっぱり可哀想~
今、痛々しいlunaを目の前にし、“これで良かったんだよ ”と自分に言い聞かせてい る私と夫でございます


「早く良くなぁ~れ
「早く痛みが取れます様に……


実はですね(-_-)
何を隠そう~、我が家の先代ワンコのラン(フラットコーテッドレトリバーの雌)は、8才の時に子宮蓄膿症になり手術を受けました


↑↑
(これは、当時切り取ったランの子宮です)

当時8才ですから、もうヒートも終わって、出産経験も無かったですからね
きっと~そうなっても仕方が無い状況だったんだと思いますが……
でも、あの時は 本当にビックリしましたね



その後、手術後の経過も良く、又直ぐに元気にはなりましたけど
やっぱり、ランも避妊手術を受けていたら、あの病気にはならなかったのでしょうね……(;_;)/~~~




……という事で
本日、久しぶりの記事はワンコの飼い主としての苦悩?についてでした





現在のlunaの様子……
・ご飯は ふやかした物を何回かに分けて与え 完食!
・昨日の退院時から丸一日、オシッコをしないので心配しましたが、エリザベスカラーを外してみたら なんとか放尿~
(ホッ!良かった(* ̄ー ̄))
・ウンチは まだかなぁ?




痛いの痛いの飛んでいけ~(*´-`)/

’12年秋…乳癌ステージ2b・HER2 3+トリプルポジティブ告知

アラフィフサバイバー。…もし、これが必然であるなら~、乗り越えろ!って事ですよね (=^ェ^=) ゞ

さくら色

Author:さくら色
アラフィフ乳癌サバイバーです。2012年10月…ステージ2b・トリプルポジティブの告知を受け、7ヵ月間の術前化学療法を終了し、6月に右全摘。その後単独ハーセプチンを1年、現在はアリミデックス服用中です。以前の様な生活に戻りたい……でも なかなか病気の呪縛から離れられない。それでも前を向いて歩いていかなければ……。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

さくら色

Author:さくら色
アラフィフ乳癌サバイバーです。2012年10月…ステージ2b・トリプルポジティブの告知を受け、7ヵ月間の術前化学療法を終了し、6月に右全摘。その後単独ハーセプチンを1年、現在はアリミデックス服用中です。以前の様な生活に戻りたい……でも なかなか病気の呪縛から離れられない。それでも前を向いて歩いていかなければ……。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。